• YOKO ONISHI

日焼け止めしないと

実に3ヶ月ぶりのブログ。

サボっていましたが、再開です。


マベリック鍼灸施術室はずっと変わらず通常営業しているのですが、


地方新聞のコラムの仕事が2年目に突入し、


クライアント様や友人たちに「よく書くことあるね!」と驚かれながら続けさせていただいています。


1年365日中、多分360本は書いてます。月30本。


というわけで、ブログが疎かになってしまっています。


さて。


日焼け止め。


もう、日焼け対策しないと、まずいですね。


先月末、謎の肌荒れが発症し、痒くなったり、発赤したり、しかも顔だけ。

これは食べ物ではなく、使っているスキンケアに問題があり、と鏡に穴が開くほど見ていて気づいたのが、


両頬の、ちょうど耳下あたり。


シミですよシミ。


あの、斑らな、美しくない形の。


両頬、同じ位置で。


それは、絶対、きっと、マスクで覆われていない部分。

しかも不織布マスクって白いから、そのそばの白くない部分が日差しを吸収しちゃう!


ガーーーーーーーン。



私は、日焼けが大好きで、カリフォルニアではオープンカーに乗り、ビーチで日焼け、東京に帰ってきてからも、ゴールデンウィークや夏休みは夫の千葉の実家のそばのビーチで日焼け。


そんな黒歴史がたたり、


手の甲の皮膚や、デコルテはすっかりシミだらけ。


顔も決して大丈夫ではありませんが、顔だけはやたらと日焼け止めを塗っていたので、被害はそれほどではありません。


が、


昨年からのマスクの日常装着には、油断させられていました。


そういえば、このところ、ベランダの植木に水遣りする時や洗濯物を干すときに日差しの強さを感じませんか?


私はもうすでに、日焼け止め、サンスクリーンを朝から塗っています。

そして出勤前に再度。

お昼ご飯を買いに出かける時にもうひと塗り。


だけど、サンスクリーンって、肌にとても負担がかかるって知ってますか?


特に、SPFの数字が大きくなればなるほど、肌にダメージを与えやすくなっているのです。

そして、


SPFの数値が何を表しているか知っていますか?

PA+++++ が教えてくれているものはなんだと思いますか?


よく見かけるのが、


SPF50 PA++++


ですが、これはちょっとインチキかもしれません。


なぜなら、SPFとPAは反比例することがわかっているのです。


なので、SPF数値が高ければ、PA値は低くなります。