top of page
  • YOKO ONISHI

奇跡?それとも?

寒い毎日が続きますが、元気いっぱいで飛び回っている、鍼灸師の大西葉子です。

奇跡ってあると思いますか?奇跡ってなんでしょう?

妊活は、どんな形であれ、やがて終える日が来るものです。

しかし自分の中では終わっていたとしても、人の営みとして、性生活まで終わってしまう必要はないのです。

妊活のために鍼灸治療を受け始め、一人目を産み終え、二人目、三人目のため、と通ってくださる方や、たとえ子を生さなかった方々も、鍼灸施術が体や毎日の生活に与える、良い影響を知って、ずっと通ってくださる方は多いです。

先日、妊活を終え、ご夫婦二人の生活やお仕事に勤しんでいらっしゃる方に、びっくりニュースが飛び込みました。妻さんのお仕事上、夫さんは今年9月から単身赴任され、12月初めに休みをとり、お二人はある温泉宿で待ち合わせして、二人の時間を楽しみました。

そして。

なんと、今週妊娠が発覚したのです。

妻さんは、てっきり更年期が始まったか、と思い、だいぶ前から「生理が来ないんですよね」と言いながら、お腹が重くていつ生理が来てもおかしくない、とお正月明けの施術からお腹をさすること3週間。

しかし、週ごとに脈の変化は感じられ、「箱根ベビーではないですか?!」と言っても、否定されるばかりでしたが、実はご自身は、期待するのが怖くて、「絶対に妊娠はない」と思うようにしていたそうです。

とっくに諦めていた妊娠。奇跡でしょうか?それとも必然?

こんなことってあります。


なので、やること、やりましょ。




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page